スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月6日 天候不良 隠岐の島は時々雷雨なり

今日は撮影旅行としゃれ込んでおりましたが、あいにく朝からの大雨と雷、突風で最悪のコンディション。昨日撮り貯めたスナップを、ホテルのロビーでネットにつないで更新してます。ヒマなんです・・・
9/5abcd
この島は牛の放牧があちこちでしてあった。珍しいので1枚!

『牛突場』・・・この看板、何だろう?行ってみよう!
9/5abcde

そのまんま、これですか!
9/5abcdef

ここで闘牛させるんですね。
9/5-6

次に立ち寄った国分寺・・・焼失したんですね。
9/5-7
web記事より、『隠岐の島「国分寺本堂」全焼…舞楽使用の面重文9つ焼失

 島根県隠岐の島町で25日、島で一番の歴史を持つ隠岐国分寺の本堂が全焼し、中に保管してあった重要な文化財などが燃えた。
 隠岐の島署によると同日3時半ごろ、寺の横に住んでいる住職(68)が焦げ臭いにおいに気づき「本堂が燃えている」と119番通報した。火は約1時間燃え続け、木造平屋の本堂約410平方メートルが全焼した。けが人はなかった。同署は放火、事故両面の可能性を調べている。
 本堂内には国指定重要無形民俗文化財の舞楽「隠岐国分寺蓮華会舞」に使われる面(県指定有形民俗文化財)が9面あったが焼失。また鎌倉時代の制作とされる木製の四天王像も燃えたとみられる。
 隠岐は鎌倉時代、承久の乱に敗れた後醍醐天皇が流された場所で有名。島根県文化財課によると、同寺の創建は8世紀で島の中で最古。14世紀には同天皇も滞在したとされる。
 本堂は1950年、国指定史跡「隠岐国分寺境内」の隣に建てられた。周囲は島有数の観光コースで知られるが、今の時期は蓮華舞はシーズンオフで辺りに人はいなかったという。


2007年02月26日08時15分 』


次回、島内探索2へ続きます






スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

通りすがりのタケやん

Author:通りすがりのタケやん
マイFC2ブログへようこそ!08年初頭から趣味にした『デジカメ』ネタと、出張先の風景を添えて日記として不定期でドバっとUpして行きます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。